DNA(遺伝子)分析項目


c-kit遺伝子変異(犬・猫)のDNA分析

分析項目 犬・猫/c-kit遺伝子変異
費用 8,000円
分析に必要なサンプル 腫瘍細胞のアルコール固定標本、スライドグラスへの塗抹標本
分析について イヌではエクソン11の変異の有無、ネコではエクソン8, 9の変異の有無をPCR法により検出します。ホルマリンはDNA架橋、短断片化を引き起こしますので、使用しないでください。
報告方法 遺伝子分析結果に基づいて、変異あり、または変異なしとして報告いたします。
ご注意 肥満細胞腫のクライテリアを満たしていてもPCR法で変異が認められないこともあります。
備考
附記 病原微生物の動向により、1回の分析では陽性が出ないことがあります。当研究所でお出しする報告書は、請けおった検体中の特定遺伝子に関する情報であり、診断ではありません。

分析用のサンプル採取方法とご依頼の流れ

DNA(遺伝子)分析項目

早くて高精度なDNA分析

早くて高精度なDNA分析

●PCR法/2連3反復の分析
●最速で翌日。2日以内に速報を通知します。

※受領の翌日には電話・FAX・メールなどのご希望の方法で速報をお知らせいたします。
反復分析で結果確定後「遺伝子分析報告書」を作成し郵送いたします。(検体の状態、分析項目、混み具合によりましては、よりお時間をいただくこともあります。)

小鳥の設計図